プライオリティパスの弱点って?

海外旅行・海外出張で海外の空港を利用する時の強い味方が、プライオリティパスです。
現在では多くの空港で利用できるため、ラウンジを利用したいのなら会員になっておいて損はありません。
しかし、プライオリティパスにも弱点があるのです。
プライオリティパスの弱点は、国内ラウンジで対応している所が少ないという点です。
国内空港でプライオリティパスが通じるのは、成田空港・関西国際空港・中部国際空港・福岡空港の4つだけです。
もしかしたら今後増えるかもしれませんが、現時点(2010年)ではこの4空港でのみ利用できるサービスだと思ってください。
もちろんメリットの方が大きいのですが、メリットだけを見ていてはいけません。