夜行バスで車酔いしないためのコツは?

よく車酔いするという人には旅先の移動というものはプレッシャーです。
せっかくの楽しい旅行なのにできれば不安は解消しておきたいですよね。
自分たちだけで乗っているわけではない長距離バスでは酔ってしまっても次の休憩まで外に出ることはなかなかかないません。
そこでネットにある車酔いしないためのコツを数点挙げてみます。
第一に前準備としては脂っこくない食事を適量食べ、薬を飲んで不安感を減らしましょう。
夜行バスなどの高速バスは、こまめに夜行バスの公式サイトを見ていると通常料金の30%引きぐらいになったり、シーズンごとに割引キャンペーンが行われていることがあります!服装は特にお腹をしめつけないくつろいだものが良いです。
炭酸水は胃がすっきりするのでおすすめです。
乗っている間は遠くの景色を眺めると良いですよ。
東京と大阪の間には数多くのウィラートラベルやオリオンバスなどの夜行バスが走っています。
移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。
この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線なら3時間になりますが金額が14500円ほどと跳ね上がります。
飛行機で行くなら飛行時間は1時間ほどですが空港までの行き来にかかる手間と一万円以上の金額がネックです。
このようにバスは金額的な面でのメリットが大きいことがわかります。
もちろん場合によってお金以外の面を優先することもあるでしょうし旅行やビジネスなど利用目的によって選べると良いですね。
高速バスで移動中に便意を催してしまったら...考えるだけでも恐怖です。
夜行なら普段から寝ている時間帯なので気にしないという人もおられるでしょうが、目的地到着までには大抵数時間あるので確実に大丈夫という人はいないのではないかと思います。
一般的に少しずつ休憩をはさみながら移動するので何時間も我慢を強いられることはないでしょうが、例えば車酔いで今にも吐きそうなときなど即必要な状況というのも考え付かないわけではありません。
それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。
必要なとき行く場所があると思えるだけで移動中の安心感が違いますよね。
はじめての高速バスを快適に過ごしたいという人は車酔いや乾燥、むくみなどの対策を考えておくと良いでしょう。
飴はのどの乾燥だけでなく酸味のあるものなら車酔いにも効果的なのでおすすめです。
それからバスの発着場所は間違えのないよう確認しておきます。
町中を走る路線バスが停まる停留所には停まりませんので地図は必ず忘れないように持ち集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。
夜行バスなどの高速バスは、こまめに夜行バスの公式サイトを見ていると通常料金の30%引きぐらいになったり、シーズンごとにお得なチケット購入もチャンスも。
WILLER TRAVELでは、走行時間1時間につき乗車料金が100円になるキャンペーンが好評!激安のキャンペーンが行われていることがあります!夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし身支度に必要なものは取り出しやすいようにしておきます。
また貴重品は肌身離さず持つように心がけてください。

夜行バス格安VS飛行機!安くて利用しやすいのはどっち?【徹底比較!】