ランドセルをアウトレットで買おう!男の子向けのセイバンが欲しい!

数年前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する活動がありましたね。

人にプレゼントしたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは使う本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった最初に贈った人ものちに「ランドセルの寄付自体には意味がない」と言っており子供達の支援が広がるきっかけになればいいなというところが本当の思いだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

必要なものは何かを考えて贈りたいですねラン活をするにあたってデパートの売り場などに出かけると思います。

その際に必ず確認したいことがいくつかあるので覚えておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかやA4フラットサイズ対応のランドセルが必要なのかです。

店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために6年間の保証がついていると安心できますね。

ここまで色々書きましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスのロゴ付きのランドセルがある時代なんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

そのため通常の日本メーカーの製品と比べると似ている機能の製品も多く見受けられます。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが施されているので思い教科書の負担が減り背負いやすさの追求もされています。

年々バリエーションの増えているランドセルですが来年入学する子供やお孫さんのランドセルはもう決まりましたか?まだ決めていない人の多くはおそらく夏休みのうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子向けの売れ筋は王冠の刺繍やバラ柄の金具などプリンセス感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

デザインについては繊細で上品な刺繍が最近は主流です。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

最近では、夏休みになると近くのイオンなどで見かける光景があります。

それは子供が祖父母と見られるグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルのメリットは様々な種類や色など、幅広いラインナップから試して選べることと6年間無料保証があるので安心できることです。

デメリットとしては幅広いラインナップのため想定していなかったものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

皆さんが小学生の時、通学する際はどんなカバンで行っていましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほとんど選択肢はなかったはずなのに様々な色やデザインのランドセルがあって何を基準に選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時重視した面ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さや軽さ、容量を重視しているようです。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、重要視されているのがデザインや軽さです。

「本人が気に入ったもの」でも良いですが年長さんの時に「かわいい」と思っていたのが大きくなってお気に入りのままかはわかりません。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

皆さんがランドセルをお子さんに買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店へ行く人が大半だと思います。

中には、流通数が多くて比べやすいし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどがわかりにくいことがあり届いた時に思ったのと違うということがあるからです。

他にも、刺繍や金具のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと選択肢が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

小学生の時にしか使えないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤が多かったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系やラベンダーといった昔はなかった色の人気がありましたが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに迷ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが設置されているのをよく見かけます。

ただ、特設コーナーで工房系の製品を気に入っても予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は1年以上前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている方が多いようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物がどうなっているか見ておきたいですよね。

そのため工房系を狙っている人は特にメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

みなさんが子供の時の通学かばんは何を使っていましたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを背負っている子供やランドセル自体の色が増えてきており見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーが売れてきています。

男女両方で人気のカバーはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが人気なようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

居間で勉強をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアとの調和性が不安ですよね。

オシャレなランドセルラックや収納アイディアで解決してはいかがでしょうか。

例えば、カウンターの下などの空いたスペースにカラーボックスを置いてみたり、現在居間に置いてあるラックの一部をランドセル用に使う、床に置く場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

数年前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが最近では財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

参考:フィットちゃんのアウトレット・型落ちがある?【ランドセル安く買う】

そのため、愛着を持っているから捨てられずかと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

夏休みが近づき「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年度に子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活時に気になるのは値段の相場という人も多いと思います。

購入に際しての平均価格帯は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですがその理由を見ると6年間使い続けるということを考えると安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルの平均価格は45.000円以上だったようです。

なぜこのように平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや色やデザインの種類が年々増えているので開発費がかかるためなどがあるようです。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

ランドセルのアウトレットセールの時期はいつ?型落ちしかない?

この前、個人的にランドセルについて調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

運動が好きな男の子にオススメなのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルと呼ばれるタイプでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため通常の日本メーカーの製品と比べると機能が似ているところも多く見受けられます。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

施されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを考える方も大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は健在です。

実際にベネッセが2016年に行った調査では緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系はそれに次ぐ3番人気を保ち続けています。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色から選ぶのも全然アリですよ。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際の通学カバンはなにでしたか?多くの方は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、せっかくのお気に入りのランドセルが汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女両方で人気のデザインはランドセルのデザイン性を損なわないシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

ハンドメイドマーケットサービスでも出品されているのでここで探してみても良さそうです。

暑くなって来て「ラン活」が本格化する時期になって来ました。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

調査によると7割近くの人が3万円台?5万円台を選んでいます。

実際に販売員をしていた方の言葉によると6年間と長期間使い続けるということを考えると相場より安いものだと気持ち的には不安に思ってしまいますよね。

実際に販売員をしていた方の言葉を参考にするとリメイクして使い続けるということも十分に可能になります。

毎年のように選択肢が増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ買っていない人もおそらく夏のうちに決めたいと考えているのではないでしょうか。

ファッション業界のようにランドセル業界にもトレンドは存在しておりラン活をするにあたってトレンドを知っておきましょう。

女の子向けのトレンドでは王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍などのデザインは繊細で上品なものがここ数年の主流になっているようです。

ランドセルと聞いてイメージするようなシンプルなデザインの場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

数年前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

プレゼントする気持ちというのは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人が好きなものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望が合わないこともあります。

実際にこの現象の発端となった最初に贈った人ものちに「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

震災などを含め何かを寄付する際は贈る対象にとって本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

初めて行うことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

例えば、ランドセル選びなど長期間使うものを初めて選ぶのは慎重になりがちです。

各社の特徴について口コミなどから比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで全て行う企業と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3種類があります。

製造から販売まで自社で行なっている企業の製品の質はまず間違いないです。

一番製造数が多いのが専門企業に任せている企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、ブランドに沿っているか厳しくチェックすることが多いので質が良いことが多いです。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるかのどちらかが多かったですがここ数年で財布やパスケースにリメイクするサービスが人気になっています。

なぜリメイク出来るかというとランドセルは長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性に優れた素材で6年使ってもまだまだ使える状態のままが多いです。

そのため、愛着があるので捨てることができず形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

ここ数年で祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が新たな夏の風物詩のようになってきましたね。

ランドセルを選択するときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったもの」を買うのも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが小学校高学年になってもお気に入りのままかはわかりません。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうという場合もあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを重要視している方が多いようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを基準にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それはラン活を行う際も同じです。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場で見ると生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、実際にどう作られているかの情報と言われています。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社、種類は数百種類もあり、何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

メーカーを決めたらそこから出ている商品で決めてしまうことです。

最近はリビングで勉強をする子供が増えているそうです。

リビングでの勉強は家族が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするので勉強机を必要としない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

そんな時はオシャレなランドセルラックで使ってみてはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますが床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

はじめはネットで値段をチェックする方も多いと思いますがランドセルの価格が意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルは45.000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜ平均価格が高くなるかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

ラン活を始めるにあたって百貨店の売り場などに出かける機会があると思います。

その際の注意点がいくつかあるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無や一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際は丈夫さや軽いかをチェックしたいところです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

他にもいくら丈夫でも万が一壊れてしまったときのために6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

小学校への入学時は教科書や体操服、上履きなど思った以上に費用がかかることに驚きます。

その中でもランドセルは色々な価格帯がありますがいいものは高くなりがちです。

販売員をやっていた方のアドバイスによると予算3万円以上にしておくとどれを選んでもある程度高品質な製品が見込めるようです。

実際に売れているのも4万円台が多いという発表もあります。

高品質の製品をできるだけ安く購入したいという場合は工房系・国産ブランドのアウトレットを利用してみてはいかがでしょう。

店頭サンプルで使用されていたものや少し傷がついたB級品と呼ばれるものもあれば、機能的にほぼ変わらない型落ち品などがかなり安く買えます。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセルを一緒に見に来ている光景です。

ここではおそらく皆さんの身近なイオンオリジナルブランドの「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、幅広いラインナップから実際にに背負って選べることや6年間無料の修理保証があるので安心できることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので想定していなかった色や形を子供が気に入ってしまうことがあることです。