ハワイアンウォーター口コミガイド

ハワイアンウォーターの水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

ハワイアンウォーターの水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

 

いえ、それどころか、赤ちゃんにもっとも適している水と言えます。

 

赤ちゃんが口にするものは、母乳が粉ミルクだけです。

 

特に生後まもなくから離乳食がはじまる六ヶ月頃までは、胃腸機能が未熟なため、粉ミルクを調乳する水にもこだわらなければいけません。

 

たとえば、途中から飲ませるミルクのメーカーを変えると便秘をしたり、離乳食をはじめたら下痢や便秘をしだしたりと、赤ちゃんは何かとおなかのトラブルを引き起こすことがあります。

 

調乳するお湯も、人肌程度が適温です。

 

冷たすぎても、熱すぎてもいけません。

 

さらに、粉ミルクを調乳する水はできるだけ軟水が好ましいといわれています。

 

胃腸機能が未熟な赤ちゃんにとって、ミネラル成分が多量に含まれているミネラルウォーターは、胃の負担になってしまい、下痢や便秘を起こしやすくなります。

 

また、大人にとっては良い成分とされているバナジウムや放射性物質のラドンは、赤ちゃんにとっては害となりますので、気をつけてください。

 

ハワイアンウォーターの水は、RO膜システムを使って製造された水ですので、ミネラル成分も除去されて、水の中に含まれる物質は、ほとんどありません。

 

逆に言うと、水以外の成分が含まれていない水なのです。

 

純度が99.9%以上と、非常に高いピュアウォーターですので、赤ちゃんの胃腸に負担をかけない、すぐれた水だと言えます。