ハワイアンウォーター口コミガイド

ハワイアンウォーターの水は酸性?アルカリ性?

ハワイアンウォーターの水は弱アルカリ性です。

 

水を示す数値の一つとして、Phがあります。これは酸性・アルカリ性の強さを表すもので、0-14までの数字で表されます。

 

真ん中のPh7が中性で、そこを境にして、数字が小さいほど酸性に近づき、数字が大きくなればアルカリ性になります。

 

ハワイアンウォーターの水のPhは、7.2です。中性に限りなく近い弱アルカリ性となります。

 

ちなみに、水道水のPhは、5.8-8.6程度です。

 

Phは、1.0違うと、なんと10倍増減するようになっていますので、たとえば、Ph8.0の場合は、7.0の中性に比べると、10倍のアルカリ性ということになります。

 

9.0になると、7.0に比べて100倍のアルカリ性ということになりますので、かなり違いが出ますね。

 

ちなみに、Phと硬度に対する関係性はありませんので、たとえばPhの数値が高いから、硬度も高くなるとか、そのような関係性はありません。

 

水質を確かめるときにはPhはPhで、硬度は硬度で見る必要があります。

 

たとえば赤ちゃんのミルク水を作る場合には、アルカリ性の水でもかまいませんが、注意しなければいけないのは、ミネラルが多量に配合されていないかどうかです。

 

アルカリ性でもミネラルが多量に配合されていなければ問題ありません。逆に弱アルカリ性でもミネラルが多量に配合されている水は、あまりミルク水に適していないといえます。

 

ハワイアンウォーターの水は弱アルカリ性でミネラルは配合されていませんので、安心してください。