ハワイアンウォーター口コミガイド

ハワイアンウォーターの消費期限について

ハワイアンウォーターの水の消費期限は、ウォーターサーバーに差し込んだ状態で三ヶ月です。

 

未開封の状態であれば、一年です。

 

消費期限が長いので、あわてて水を消費しなくても大丈夫です。

 

ご家族のペースにあわせて利用できます。実はハワイアンウォーターの消費期限は、非常に長く設定されていて他社と比べると、2倍以上違うのです。

 

その理由としては、RO膜システムで、ろ過され、純度が99.9%のピュアウォーターだからです。

 

通常のミネラルウォーターは、採水された水を加熱・殺菌処理をして、さらにミネラルなどを配合することがあります。

 

しかし、いくら加熱殺菌処理をしても、水の中に水以外のミネラルなどを含んでいると、腐敗しやすいのです。

 

水道水が腐敗しにくいのは、塩素が投入されているためです。

 

塩素が入っているので、菌が繁殖しにくい状態が保たれています。

 

しかし、ミネラルウォーターには、塩素が入っていないため、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

 

ですので、通常の水道水のような扱い方では、すぐに腐敗してしまい、衛生的に水道水よりも悪いということにもなりかねません。

 

一方、ハワイアンウォーターの水は、不純物が入っていないため、菌が繁殖しません。

 

そのため、ほかのミネラルウォーターよりも消費期限が長くなるのです。

 

他社のミネラルウォーターは、開封後は二週間、未開封でも消費期限が半年程度です。

 

それを考えるとハワイアンウォーターの水がいかに、すばらしいかということをがよくわかりますね。


ハワイアンウォーターの消費期限について記事一覧

ハワイアンウォーターの宅配ボトルはいくらかかるの?

ハワイアンウォーターの水の宅配ボトルは、一本18.9リットル入りの5ガロンボトルと呼ばれるもので、2730円が通常価格です。しかし、現在は千葉県の房総地域以外の関東圏では、5ガロンボトル1本あたり、2205円となっていて、非常にお得になっています。利用の目安ですが、三人家族で、一ヶ月間でおおむね3-...

≫続きを読む

 

ハワイアンウォーターは軟水?硬水?

ハワイアンウォーターの水は超軟水です。そもそも、水が軟水であるか硬水であるかを決める基準は、水に含まれているミネラルによって決まってきます。その基準に、硬度があります。硬度は、水の中に含まれているマグネシウムとカルシウムの濃度によってあらわされるものです。国によってこの濃度による基準が異なるので、数...

≫続きを読む

 

ハワイアンウォーターの水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

ハワイアンウォーターの水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。いえ、それどころか、赤ちゃんにもっとも適している水と言えます。赤ちゃんが口にするものは、母乳が粉ミルクだけです。特に生後まもなくから離乳食がはじまる六ヶ月頃までは、胃腸機能が未熟なため、粉ミルクを調乳する水にもこだわらなければいけません。たと...

≫続きを読む

 

ハワイアンウォーターの水はペットに飲ませても大丈夫?

ハワイアンウォーターの水は、飼育している犬や猫に飲ませても大丈夫です。それどころか、犬や猫に飲ませる水としては最適といえます。水には硬度があり、硬度によって軟水、硬水に分類されます。一般的に硬度100以下であれば軟水、100以上であれば硬水とされています。硬度はマグネシウムとカルシウムの割合によって...

≫続きを読む

 

ハワイアンウォーターの水は料理に使うと美味しくなる?

ハワイアンウォーターの水は、硬度が1.05と超低い、ピュアウォーターです。そのた、水道水を利用するよりも、料理の味を引き出し、料理そのものをおいしく感じさせてくれます。日本の水道水は、平均で硬度が40-60程度です。通常、この硬度の水道水を利用してつくられた料理を食べていると、その味に慣れます。そこ...

≫続きを読む

 

ハワイアンウォーターの水は酸性?アルカリ性?

ハワイアンウォーターの水は弱アルカリ性です。水を示す数値の一つとして、Phがあります。これは酸性・アルカリ性の強さを表すもので、0-14までの数字で表されます。真ん中のPh7が中性で、そこを境にして、数字が小さいほど酸性に近づき、数字が大きくなればアルカリ性になります。ハワイアンウォーターの水のPh...

≫続きを読む